読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

⑥ 動力源

 これは動力源です。六年前、試験的に作りました。

f:id:phorton:20150614120733j:plain  f:id:phorton:20150614115628j:plain

 この円柱状のものがメインです。側面の穴から棒が出ます。

f:id:phorton:20150614120234j:plain

 

 円柱状のものを回転させると、下にぶら下がってるグレー色の板が動く。

f:id:phorton:20150607200008j:plain

 さらに回転させると 、再びグレー色の板が動く。

f:id:phorton:20150607200053j:plain

 この繰り返しなのですが、もう少し詳しく見ましょう。

f:id:phorton:20150607200240j:plain

 円柱を回して、六本の棒の列が真下へ近づくと、重みで外に出て、六枚の板に当たる。そして板が動く。

f:id:phorton:20150607200509j:plain  棒が当たって板が動く

 板といってもビニールなんですがね。

f:id:phorton:20150607200837j:plain 次ぎの列の棒が出る

そのまま円柱を回せば、次の列の六本の棒が外に出て、六枚の板に当たる。そして再び板が動く。

f:id:phorton:20150607200929j:plain 再び板が動く

 棒は円周の四箇所に90度間隔で四列あるので、円柱を1回転させると、板は四回動く。

 外に出た棒は上方へ来ると重みで中に引っ込む。下方に来ると再び外に出る。

 棒にはネジの頭のようなものが付けてあるので、円柱から外れない。

 図解しますと、だいたい下のようなことです。

f:id:phorton:20150702020705j:plain  円柱を横から見た図

 回転軸(中心軸)は五ミリの鉄心ですが、直径三センチの丸棒を輪切りにして、鉄心にさしてあります。外に出た棒が中に戻るとき、このに当たる位置で止まります。このとき棒が中にうまく収まる長さにしてあります。

f:id:phorton:20150702022446j:plain

 棒が短すぎると、先端が穴の溝に引っ掛かって外に出てこなくなる場合がある。

f:id:phorton:20150702021114j:plain  棒が輪に当たって止まる。

 

f:id:phorton:20150702035942j:plain   f:id:phorton:20150702040329j:plain

   指で棒を押し込んでみる。

 

f:id:phorton:20150702040447j:plain   f:id:phorton:20150702040626j:plain

輪に当たって、これ以上奥へ入らない   

 

f:id:phorton:20150702040850j:plain   f:id:phorton:20150614215752j:plain

手を離すと、このとおり重みで下に落ちるが、円柱からは外れない。

 

 さてここで紙が登場します。破けにくい紙を使います。

 この円柱に紙をベルトのように装着します。円柱を回転させながら、装着した紙を円柱とは別のもので巻き取ります。円柱で巻き取るのではありません。下図のようにです。

f:id:phorton:20150702045629j:plain  f:id:phorton:20150702050120j:plain

  紙にはあらかじめ穴を開けておきます。円柱の穴の位置と一致するように穴を開けます。穴を開けておくと、そこだけ棒が出ます。穴を開けておかなければ棒は出ません。

f:id:phorton:20150702050337j:plain 前面    f:id:phorton:20150702050629j:plain 真横

 図にあるように、前面のてっぺんに紙が巻いてある部分があり、背面のてっぺんに紙を巻き取る部分があります。

 (写真では見えませんが、動いた板を静止状態に戻すストッパーが背面の下方に付いてます)。

f:id:phorton:20150702050823j:plain   f:id:phorton:20150702050903j:plain 背面

 ほんとうなら、 円柱の端に歯車みたいなものを付けて、紙の端にも細かい穴を開けて、両者をシンクロさせますが、そこまでやらなくてもとりあえず動きます。

 最初だけ棒を紙の穴に差し込んでおけば、そのままシンクロして動いて行きます。

 

 では実際に紙を巻き取ってみましょう。 

 一列目の穴から棒が二本出ています。互いの距離が離れてます。上方にも二列目の穴が見えます。

f:id:phorton:20150702122208j:plain

 

 一列目が真下を通り越すとき棒は二本なので、二枚の板に当たり、当たった板が動きます。上方にあった二列目の穴は水平位置を通り越します。

f:id:phorton:20150702122338j:plain

 

 二列目の穴が真下に近づいて棒が出てきます。今度のも二本ですが、互いの距離が近いです。そして上方には三列目の穴が現れます。

f:id:phorton:20150702122622j:plain

 

 二列目が真下を通るので板が動きます。棒と棒の距離が近いので、動く板と板の距離も近いです。穴の位置によって動く板も違うわけです。三列目の穴が水平位置を通り越します。

f:id:phorton:20150702122817j:plain

 

 三列目の穴から棒が出てきました。以下繰り返しです。

f:id:phorton:20150702122844j:plain

 

 正面から見ると、こんなかんじです。

 左から1~6まで穴に番号をつければ、今棒が出てるのが26で、紙の穴が見えてるのは35です。ドレミファソラなら、レラとミソです。

f:id:phorton:20150702124020j:plain

 

 26の棒が板に当たりました。35の穴は水平位置に来ました。

f:id:phorton:20150702124141j:plain

 

 35から棒が出ました。上には15(ドソ)の穴が見えます。穴は一列に何個開けてもいいわけで、開けたところから棒が出ます。

f:id:phorton:20150702124310j:plain

 自動演奏機器で円柱形のものをテレビで見た覚えがあったので、別のことに動力として使えないかと思い、単純な構造で作ってみたものです。

 板の先端の触れ幅が10センチ程度なので、糸を付ければ、手のひらサイズの人形の手足なら動かせます。

 玩具のピアノを分解して細工をすれば、音楽の演奏も可能です。これだと六音しかつかえませんが。

 円柱の端に紙とシンクロさせるための歯車みたいなものを付ける必要はあるのですが、そこまで作る前に中断したままになってました。

 実はこれ、円柱に棒が出入りするときに、ぶつかって止まるときの音が結構響くのです。カスタネットが一斉に鳴り響く感じなので、まるで打楽器みたいです。

 スポンジとかを緩衝材に使えばなんとかなると思うので、いずれ再開するつもりです。

⑤ ワイルドなオンボロやろうども

 こいつらには慈しみという感情は似合わない。どうでもいいやつらだが、なんとなくそのまま部屋に放置していたら、だんだんヌシみたいになってきた。

f:id:phorton:20150519200156j:plain

 三年前からこの顔が、わたしの机の方に向いたままになっていたので気になっていた。先日部屋の片付けをするまでは、ほとんど荷物の山に囲まれ、顔だけ突き出た状態だった。こうして久々に眺めてみると、明らかにこれは粗大ゴミか小学生のへたくそな工作の感が否めない。

f:id:phorton:20150519200253j:plain

 これは太鼓たたき猫なのである。腕の下に大太鼓を置いて、足でペダルを踏むと手で太鼓を叩く。位置をきちんと調節すると、ちゃんとしたバスドラミングをしてくれるが、猫パンチみたいに叩くので、ちょっと恐い。

 大太鼓はあまりに邪魔なので物置に移動した。しかしこいつは部屋に隠しておくしかない。猫は祟るといわてれるので、綺麗に作り直す必要がある。

f:id:phorton:20150519200351j:plain

     いい加減すぎる作り方なんだにゃん

 

 次は前回冒頭で紹介した姫の相方である。知人には三角おじさんと言われた。姫とのペアで九年前に作ったもので、姫を持ち上げるのがこいつの役目だ。バレエでよく見るアレである。

f:id:phorton:20150519200436j:plain

なぜ下半身がこんななのかというと、安定しなおかつ素早く動けるからで、まさにカニのごとくである。 

f:id:phorton:20150519200510j:plain f:id:phorton:20150519200536j:plain

 こういう金剛様がいたら、どんなものだろうか。

f:id:phorton:20150519200759j:plain

 

  これは役に立つのか立たないのか、よく分からないものになってしまった。どうでもいいといえばホントにどうでもいいものだ。しかし美しいのだ、とわたしの美意識が妙にこだわってしまうので、後日くわしく説明したい。

f:id:phorton:20150702183743j:plain

④ いとしのがらくた姫たち

f:id:phorton:20150726111656j:plain

 ここに紹介するのはわたしが以前ある目的のために制作した姫たちである。

急ごしらえで、かなりいいかげんな作りなのだが、わたしにとっては自分の分身のようなものだ。

 しかしいったん作り出されたものは、制作者の意図とは関係なく存在する。

この世に生を受けたものは神に逆らう動きをする場合もあるのだ。

 作った夜、枕元に置いて寝ると、暗い部屋のなかで動く気配を感じて、不覚にもおののいた。

恐れる必要はないのだ。わたしの一味なのだから。

 彼女たちを、がらくたと呼ぶのは不憫であり、わたしの胸の奥に小さな痛みが残る。

 そこで彼女たちにも陽の目を見せてやることにした。

 

この姫はかなり軽快な動きをするのだが、実はかなり小さい。

20cmくらいなので、速い動きだと虫が動いているみたいに見えるかもしれない。

f:id:phorton:20150726111807j:plain

 

なんだか五寸釘を打たれそうだ。       この姫はかなりイタイ娘だ。なんとか

                                                          してやらないと     

f:id:phorton:20150726111958j:plain           f:id:phorton:20150726112119j:plain

 

この姫は一応ピアノが弾けるのだ。しかしその姿を見て、われながら笑ってしまった。

どう見ても冗談としか思えないのだった。

 f:id:phorton:20150726112351j:plain

③ 携帯でブログをする toroiken下書へ

 これから行きます遊びに。行きません。

 

携帯電話でブログを投稿できることを知った。うちの携帯は安心モードとかいうやつなので、ネット接続に制限があるから使えないと思っていたが、できそうだ。これならパソコンが壊れてもブログは続行できるようだ。

 これは下書きとして携帯から投稿したのだが、これに加筆して公開して、どうなるのか。コメントは携帯で見られるのか。

後で書く 寝てた。

 

 うむmmmmmmmmmmmm 起きたが眠い。  4m4d11:50

 

 今日は小川へ行ったので、ちょうどいいから、昭和の公開メールアドレスへ送信試験をした。PM10時ごろ帰宅してPCで確認。試験成功。

 ところでPM7時半頃、公開に気づいたリア女王からアクセスがあったようなので、PCの電源を入れておく必要はない、よってPCの認証のようなものは無いという当然と思われる事を確認できた。  4m15d

f:id:phorton:20150729034813j:plain

 選挙事務所のお勝手番の日である。なぜ自治会が個人の選挙事務所の手伝いに行かなければならないのか。政治家は個人で勝手に立候補して勝手に自己主張してるだけである。事務所に行くとなれば個人の責任になるのだ。候補を支持する者からすれば、事務所の手伝いをする人間は候補の支持者である。当然候補に投票するものだと断定する。手伝いをするだけでいいのであり個人の意思とは別である、というのが自治会の立場だが、それは危険な考えである。選挙というのはそんな綺麗なものではない。普段はとても温和で理性的な人が、突然粗暴になって荒れ狂う世界だ。支持者でない限り、事務所の手伝いをするべきではない。何かあった場合、自治会に責任は生じる。お勝手番を、班ごとに決めていることが問題である。これでは個人の意思での選択が鈍るだろう。しかしわたしは行かない。  4m24d

② 人類連想ゲームだにゃ

f:id:phorton:20150330105205j:plain

ブログとはなんだにゃ。ブログを始める前は、自分の日記を公開するって、なんだそれ、日記は一人で読み書きするもんだ、と物思いにふけっていたのだにゃんのねん。

ただの交換日記のようなものだと思ってまいたのねんのねん。

しかし浅はかでした。ブログは人類連想計画にリンクしていたのだったにゃ。

 ブログの本質は、だじゃれで繋がることです。フィネガンズウェイクの世界です。

人間は連想が妄想してるだけなんだにゃ。人類連想計画。連想ゲームだにゃんころり。

f:id:phorton:20150729035119j:plain

① トロイけんのお馬

f:id:phorton:20150329043605j:plain

 先日のお彼岸では、きにょんたとしげにゅとめずらしくふみゅんたがきたにゃんよ。午前中から天ぷらを揚げて、そんでやつらがさつま揚げ買ってきたけど、食いすぎたんよ。なんで揚げ物ばかりみんな食べたがるのですか。 mmmmmm悩む。

 

  わたしの好きな場所です。大きな橋を渡った向こう側なので、うちからはちょっと離れてます。この道の感じがなんともいえない。

f:id:phorton:20150729035706j:plain

  

 緑の山手線でございます。時々運行していたので、走っているところをビデオ撮影しようと思っているうちに、消えてしまいました。

f:id:phorton:20150729035804j:plain

f:id:phorton:20150729035733j:plain

 こういの好きな人は好きなんでしょうか。