読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

⑪ タラの芽の生長と天ぷら

 わたしの家にはタラの木があります。暖かくなってくると、このように新芽が出てきます。

f:id:phorton:20160502211140j:plain

 桜が開花して、冬が完全に終わったような、少しむっとする日があると、それが合図であるかのように、ツノみたいなカラを破って、ぐんぐん芽が伸びます。

 油断してると、どんどん大きくなってしまうので、この時期は収穫のタイミングに注意します。

 スーパーで売っているのは右端くらいのものでしょうかね。

f:id:phorton:20160502211241j:plain

f:id:phorton:20160502211305j:plain

 最初は木は西庭にありました。近所の人が持ってきて植えたのですが、うちではあまり関心が無かったし、トゲもあるので、20年ほど前に切ってしまったのですが、タラの木は竹のように根で増えていくので絶えることなく、裏庭へ移動していきました。

 タラの芽は病気に効くとかで、隣家の人が貰いに来るようになって、それでまあうちでも天ぷらにするようになりました。

f:id:phorton:20160502212159j:plain 4月9日

 この枯れ枝みたいなところに新芽がモコモコ出ます。でも普通の樹木のように沢山は出ません。そのかわり葉が大きく広がります。新芽が成長していくと、下のようになります。木とはいっても野草っぽいかんじです。

 f:id:phorton:20160504204602j:plain

f:id:phorton:20160504204641j:plain

 現在は、裏庭から生えているものが大きくなっています。

 実はプレハブ小屋の屋根に幹が乗って支えられている状態です。管理がまずかったため、ひょろひょろなのです。蛇みたいですf:id:phorton:20160503212729j:plain

 何がなんだかよく分からないと思いますが、屋根の右側を覆っているのがタラの葉で、左側がビワの葉です。ビワの木は元々裏庭にありましたが、前にプレハブの小屋を建ててしまったのです。でも屋根に上って収穫できるのは便利です。

f:id:phorton:20160503214906j:plain

 こんなかんじで収穫します。伸びすぎではないかと思われるかもしれませんが、こんなもんでも大丈夫です。

f:id:phorton:20160503215954j:plain

 収穫してもすぐに調理しなければ、新聞紙に包んでから、ビニール袋に入れて冷蔵庫に保存できます。

f:id:phorton:20160503220043j:plain

 タラの芽は野菜炒めにしても、うまくいきません。パサパサしてしまいます。でも小麦粉を薄く付ければ、なんとかなります。手始めにやってみました。わたしとしてはこんなもんで充分なんですがね。

f:id:phorton:20160503215259j:plain

 九州出身の方に聞いた話ですが、火で炙っても食べられるということです。高齢の方のご意見なので、現在ではどうか分かりませんが、九州ではそうなんでしょうか。わたしがやってみたらうまくいきませんでしたけど。

f:id:phorton:20160525194928j:plain

 こんなかんじで、いっぱいできました。

 茎の部分はイカ下足の柔らかいみたいな食感があります。まあ動物っぽい植物でしょうか。

f:id:phorton:20160504215045j:plain

 栽培されているものはトゲが無いものが普通みたいですが、うちのにはトゲがあります。美しいですね。痛いけど。綺麗なものにはなんとやら。

f:id:phorton:20160504222600j:plain